冬場はスタットレスタイヤ必須で!
2017.04.03

レトロな車冬場の車の運転は、道路が凍っていたりすることがあるので注意が必要ですよね。当然レンタカーにおいても、それは同様です。しかもレンタカーショップから借りている車だから、余計注意が必要ですね。そこで、レンタカーにも「スタッドレスタイヤ」をつけましょう。
「スタッドレスタイヤ」というのは、ゴムの材質や溝の形状を工夫して、冬場における凍結した路面や、積雪路面において滑りにくくなっているタイヤのことです。旅行などでは寒い地方に行くこともありますよね?北海道や東北など、その他のスキー場に向かう雪道を通る際は、必ず「スタッドレスタイヤ」あるいは「タイヤチェーン」をつけてください。降雪後・降雪中の高速道路は、スタッドレスタイヤあるいはタイヤチェーンが付いていない車が通行止めになる場合があります。スタッドレスタイヤなどを装着していないときは、下道を通るか、最悪では引き返すケースになりかねないからです。では、この「スタッドレスタイヤ」と「タイヤチェーン」の違いはなんでしょうか。スタッドレスタイヤは積雪路でない道で走行しても問題がないので、スタッドレスタイヤ装備のレンタカーを借りると、出発~到着までつけたりはずしたりする手間をかける必要がないのが便利です。スキー旅行・帰省等で高速道路・国道・幹線道路だけしか走らないというときはこのスタッドレスタイヤがおすすめになるでしょう。
一方のタイヤチェーンは、積雪路以外で走ると切れる可能性があるので、こまめな取り外しが必要となります。なので、慣れていない人はなかなか大変でしょう。しかし、高速道路規制には、冬用タイヤ規制や全車両チェーン装着規制があって、「チェーン装着規制」ではタイヤチェーンの装着が必ず必要となります。もし、降雪量が多く、除雪作業もそんなに行われていない場所に向かうときは、タイヤチェーンを選択することがおすすめとなります。そこで、気になるスタッドレスの料金はどれくらいなんでしょうか。スタッドレスの料金は各レンタカー会社により料金は違いますが、だいたい1度の貸出で無料~2000円くらいです。予約するプランでスタッドレスタイヤ標準装備というものがあったり、地域では期間限定ですが全プランがスタッドレスタイヤを標準装備しているというレンタカー会社もあったりします。また、冬場に普通のレンタカーを借りて滑って事故になってしまうと大変ですよね?タイヤを滑りにくすることができる「スタッドレスタイヤ」「タイヤチェーン」は、冬場にレンタカーを借りるときは必須ということを覚えておきましょう。

▲ ページトップへ